【「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法】不定愁訴の原因は骨盤後傾による脳幹圧迫

utupanic

click-button

鬱病やパニック障害、自律神経失調症などといった精神障害や原因
不明の不定愁訴が起こる原因として、骨盤が正しい位置から後ろに
ズレる「骨盤後傾」をあげるのは川口奈美子さんです。

つまり、骨盤の歪みが全身にひずみをもたらして、首こりや肩こり
腰痛などの身体症状を発症させるだけでなく、脳幹の内部までもを
圧迫して機能不全を引き起こすため、精神障害も発症してしまう

いうわけです。

骨盤の歪みというと、骨がズレているから矯正しなければいけない
と勘違いしがちですが、単に骨の位置を元に戻せばいいというわけ
ではありません。

骨盤には筋肉や細胞が密着しているからです。

特に、筋肉にクセが付いている状態だと、丸まった紙を平らにした
ところで、すぐに丸まるように骨の位置だけをずらしたとしても、
しばらくすると元の歪んだ状態に戻ってしまうのです。

整体で痛い思いをして骨盤矯正をしても、しばらくすると元通りと
いうのは、筋肉に悪いクセがついているのが原因です。

筋肉に悪いクセがついている場合、骨盤を正しい位置にキープする
ために重要な筋肉が弱っているケースが一般的ですが、その大半が
インナーマッスルですから一般的な筋トレをしても効果は皆無
だと
言ってもいいでしょう。

そこで、川口さんは骨盤を正しい位置へキープするのに重要な筋肉
を効率よく鍛えられる特殊なトレーニングを開発しました。

2日続けたら1日休むというスケジュールで、1回あたり30秒あれば
終えられるトレーニングですが、この筋肉は衰弱しきっていること
が一般的ですから、少し鍛えただけでも筋肉痛や体のだるさなどを
感じるため、トレーニング時間を増やせば早く鍛えられるといった
発想は厳禁です。

筋肉を鍛えるどころか、かえって痛めることから逆効果です。

2週間程度で精神障害や不定愁訴への改善効果を実感できるように
なり、完治できたと実感するのは3ヶ月前後が目安
です。

【続きを読む】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする