【睡眠時無呼吸症候群改善術】起きた時のけだるさが解消できる!

click-button

睡眠時無呼吸症候群は、いびきをかく人に多く発症する症状ですが
夜中に息苦しくなって目覚めたり、長時間にわたって眠っても疲れ
が取れないなどの健康被害が起こることが一般的です。

その結果、日中は疲労感や眠気に襲われて集中できず、夜中になる
と眠りが浅く、何度も目が覚めるといった具合に、睡眠の質が悪化
する悪循環
に陥りがちです。

日中に機械の操作をしたり、自動車などを運転する人にとっては、
眠気が強くなることで、大事故を起こすリスクが高くなりますので
夜中はぐっすりと休みたいですよね。

それだけでなく、生活習慣病を悪化させたり、発症リスクを高める
おそれがありますので、早いうちに解決しておきたいものです。

睡眠時無呼吸症候群の治療法としては、

  • CPAP治療
  • マウスピース
  • 外科手術

などが一般的ですが、外科手術以外は治療効果が感じられない場合
も珍しくありませんし、手術を受けても再発するケースもあります
ので、途中で治療を諦めてしまうケースも少なくありません。

そこで、インフォセブンの酒匂敏郎さんが、睡眠時無呼吸症候群を
改善するために必要な知識と方法を手軽に学べるように、「睡眠時
無呼吸症候群改善術
」というマニュアルを公開しました。

睡眠時無呼吸症候群改善術の内容は、以下のようになっています。

  • 睡眠時無呼吸の種類
  • 睡眠時無呼吸の兆候と症状
  • 睡眠時無呼吸の診断
  • 慢性的ないびきと睡眠時無呼吸との違い
  • 睡眠時無呼吸がのどの筋肉に与える影響
  • 酸素濃度が下がることによる人体への影響
  • 子供の睡眠時無呼吸
  • 睡眠時無呼吸の治療
  • 生活習慣の改善
  • 睡眠時無呼吸のその他の治療
  • 睡眠時無呼吸の重要ポイント

ちょっとした生活習慣の改善だけでも大きく変化するものです。

【続きを読む】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする