【花粉症緩和マニュアル】正しい対策で症状が軽くなる!

click-button

花粉症というと春先のイメージですが、スギやヒノキ以外にもアレルゲンと
なる花粉は1年中あります
ので、症状が出る頻度や季節は人によって異なり
ます。

ヨモギやブタクサであれば夏から秋が多いですし、真冬であってもハンノキ
の花粉で症状が出る人もいます。

花粉症になると、アレルゲンである花粉が体内に入らないように、マスクや
ゴーグルなどをすることが一般的ですが、杉やひのきの花粉の場合、春先の
温かい天候でゴーグルをしていると汗が溜まって仕方がないということにも
なりかねません。
ブタクサだと真夏に出る場合もあるため、汗だくになってマスクやゴーグル
をするというだけでも、熱中症になりそうな気分です。

また、抗ヒスタミン剤など花粉症を抑える薬もありますが、症状を軽減する
程度の効果しかなく、花粉症を完治するものではありません。

その一方、花粉症でない人はマスクやゴーグルなどを一切せずに、薬なども
全く飲まなくても平気ですし、花粉症の人でも症状が全く出なくなった場合
がある
のはどうしてでしょうか?

体質によるアレルギー症状の出方の違いや、アレルギー治療を受けたなどの
違いもありますが、花粉症の対策をどのようにしているかによっても症状の
出方は大きく変わってきます。

タカテック有限会社の高藤洋康さんは、正しい対処法を知ることで花粉症に
苦しむことはなくなり、幸せな生活を送れるようになるとアドバイスをして
いますが、個別に教えているだけでは限度があることから、具体的な対処法
をまとめた「花粉症緩和マニュアル」を公開しました。

花粉症緩和マニュアルでは、

  • 花粉症のメカニズムから緩和法を学ぶ
  • 花粉症の薬の種類
  • 薬の飲み方の工夫で症状を緩和する
  • 鼻水を簡単に止める方法
  • くしゃみを簡単に止める方法
  • 鼻づまりを簡単に解消する方法
  • 目のかゆみを止める方法
  • 安価でできて効果的な花粉症対策
  • 花粉症の症状を軽減する方法

などを学ぶことができます。

【続きを読む】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする