【脂肪肝&メタボ解消体幹プログラム】運動しても痩せないのは方法が悪い

click-button

医師からメタボを指摘されると、食事制限と、定期的な運動をする
よう指導されることが一般的です。

食事制限は食べる量を減らせばいいわけですから、過食症でもなけ
れば、栄養失調に気をつけることで、比較的、簡単に達成できます
が、運動しても全く何も変わらないと悩む人が少なくありません。

「定期的な運動」として思い浮かべるのがジョギングやランニング、
ウォーキング
などですが、特に運動習慣がない人が、新たに定期的
に歩いたり走ったりするのはハードルが高い
ですし、雨の日になる
と、外出するだけでも億劫になる上、仕事で早朝から深夜まで働き
続けている多忙な状況だと、通勤時間を使って運動といっても無理
でしょう。

ただでさえ少ない睡眠時間を増やすほうが先だと感じるのではない
でしょうか。

それ以前に、車通勤だと、電車通勤のように一駅手前で降りて歩く
などといった方法は使えません。

そこで、運動をする時間ではなく中身が重要だと指摘をするのは、
格闘家の松下直揮、剛士、直揮(敬称略)の松下兄弟です。

有酸素運動でカロリーを消費するのではなく、筋肉を鍛えて、基礎
代謝量を増やすことで、特に運動をしなくても日常生活を送るだけ
でカロリー消費を増やせる
ようになり、メタボ解消に効果的という
わけです。

この松下兄弟が提唱する方法をまとめたのが「脂肪肝&メタボ解消
体幹プログラム
」です。

筋肉を鍛えるというと、ジムでマシンを使って、筋肉を鍛え続ける
というイメージがつきものですが、メタボを解消するには、大きな
負荷をかけ続ける筋トレは不要であり、インナーマッスルを鍛える
週1回、30分程度の筋トレで十分
だと言います。

スポーツジムなどに通う必要はなく、自宅で一人で取り組めます。

低負荷ですから、過度の筋肉痛に苦しめられる事もありませんし、
勝敗や順位を意識する必要が全くないために、運動音痴でも気軽に
続けられます。

【続きを読む】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする