【石丸式東洋医学による高血圧改善法】運動食事投薬以外の方法

click-button

糖尿病の治療法として、以下の3種類の方法が定番です。

  • 薬物療法
  • 食事制限
  • 定期的な運動

しかし、カロリー制限や糖質制限の食事をしたり、へとへとになるまで毎日運動しているにも
関わらず、全くといっていいほど血糖値が下がらないというケースは珍しくありません。

かといって、薬や注射に頼っていると、効き目が強すぎて一時的に低血糖になったり、副作用
などに悩まされることにもなりかねませんが、他に血糖値を下げる方法もないことから、仕方
なく薬に頼っているのではないでしょうか。

東京都町田市にある東洋はり灸整骨院の院長で、鍼灸師・柔道整復師の石丸昌志さんは、以下
のような方法では高血圧を解消するのは難しいと指摘します。

  • 塩分摂取を控える
  • 毎日30分以上の有酸素運動を続ける
  • 惰性で薬を飲み続ける

その理由としては、塩分と高血圧との因果関係がわからないケースがほとんどですし、運動が
嫌いな人が無理に続けることでストレスを感じることで自律神経のバランスが崩れると、逆に
血圧が上がりかねないというジレンマに陥るからです。

もちろん、薬は対症療法ですから、現状が変わらない限りは飲み続けることになるという点で
副作用のリスクは常に伴うわけですが、食事療法・運動療法のどちらでも改善しないというの
であれば、薬物療法しか手段がありませんから、仕方なく続けているのではないでしょうか。

そこで、対症療法ではなく根本原因に対する処置を行うことで、運動や食事などで成果が出な
かった人でも高血圧を改善することができる
と石丸さんは言います。

具体的に何をすればいいのかをまとめたのが「石丸式東洋医学による高血圧改善法」です。

  • 東洋医学による食事法
  • 心身ともにリラックスするための1日5分の運動

この2つだけで十分です。

【続きを読む】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする