【難聴改善プログラム】自分自身で改善できる方法があった!

click-button

難聴のために、補聴器を使ってもよく聞こえなかったり、耳鳴りや偏頭痛などの不快な症状に
悩まされていませんか?

病院で治療を受けても、改善する兆候も見られずに、時間ばかりが過ぎ去っていくという状況
ではないかと思います。

難聴改善プログラムコーチの南輪明希さんは、某保険会社で元トップセールスレディーだった
という経歴がありますが、生後10ヶ月にして、はしかによる高熱のために難聴になり、右耳は
全く聞こえない、左耳も極端に聴力が低下しているという聴力障害者という状況で実現したと
いったら驚くのではないでしょうか。

ヤブ医者による2回の手術失敗で、幼いころよりも更に聴力が低下したという悲惨な状態なの
にも関わらず、トップセールスの座を獲得できたというのは武勇伝もいいところですが、実際
は少し異なります。

たまたま大人になってから受診した耳鼻科の先生が優秀であり、左耳の鼓膜を再生したことで
聴力が全くのゼロから普通の難聴レベルにまで回復したという幸運に恵まれたのと、その医師
から教わった1日9分のトレーニングを行うことで補聴器をつけずに声が聞けるようになった
というのです。

右耳は鼓膜の修復のしようがなかったということで、今でも南輪さんの右耳の聴力はゼロです
が、左耳が正常化したことで日常生活はもちろんのこと、ビジネスにおいても問題なく行える
ようになったというのは非常に素晴らしい結果だといえます。

この1日9分のトレーニングは、特に道具を用意する必要もなく、一人で実践できるものですが
鼓膜が完全に破れていたり、スケールアウト(耳の神経が休んでしまっている状態)だと実践
しても成果が得られません
ので注意が必要です。

【続きを読む】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする