【私がお酒を飲めるようになった極意、禁断の方法】下戸からでもOK

click-button

酒が弱いといって悩んでいませんか?

現代では、「飲酒運転は絶対に禁止」というのが周知されるように
なりましたので、宴会などでドライバーであろうが容赦なしに酒を
飲ませると言った習慣はなくなりつつあります。

また、上下関係などを使って無理やり酒を飲ませるアルハラなども
認識されるようになっており、下戸の人にとっても住みやすい状況
になりつつあります。

しかし、営業の接待や旧態依然とした宴会など、アルコールが幅を
利かせる場所は今でもあります
し、あなたも飲酒で苦しんでいるの
ではないでしょうか。

日本人の半分弱が体内のアルコール分解能力が弱いことが明らかに
なっており、特に全体の5%の人は、ほとんどアルコールを体内で
分解できない体質であるだけでなく、飲酒を続けても全く飲める量
が増えない「本物の下戸」であることがわかっています。

下戸か酒豪かは遺伝子レベルで決まりますので、基本的にはトレー
ニングで改善できるものではない
というのが、アルコールに弱い人
にとっては厄介な点です。

坂上太一さんも全く酒が飲めずに、20歳以降は
飲み会、宴会などでつらい思いをし続けてきたといいますが、下戸
を解消すると言われる、さまざまな方法を8年間にわたって試して
きたところ、ようやく気持ちよくアルコールが飲めるようになった
といいます。

お酒を飲む2時間前に、ちょっとした準備をするだけでいいのです。

コップ1杯のビールでも気持ち悪くなっていたものが、ジョッキを
何杯も飲み続けても、下痢や嘔吐、腹痛などに苦しめられることも
なくなり、気持ちよく酔えた
というと驚くのではないでしょうか。

もちろん、短時間に大量の飲酒をすれば、アルコール中毒のおそれ
もありますし、内臓を痛めるおそれもあるために、飲み過ぎを推奨
するものではありませんが、お酒を飲めないがために不利益を被る
状況を改善できる
というのは価値があります。

【続きを読む】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする