【お疲れBody体質改善プログラム】慢性的な疲労を2週間で吹き飛ばす体質改善法

otukare

click-button

寝ても休んでも疲れが取れない
という慢性疲労に悩まされていませんか?
朝から疲労感を感じているかもしれませんね。

スタミナを付けるために運動をしたり、精力のつくものを食べるといった「対策」を行ったり
ビタミン剤や栄養ドリンク、サプリメントなどを使って栄養補給を行っているという人もいる
のではないでしょうか。

しかし、運動を続けてもスタミナがつくどころか、逆に疲労感を強く感じるようになっただけ
といったケースも珍しくありませんし、栄養を補給しても疲れが取れないという場合も多いの
が実態です。

あなたの場合はどうですか?

疲労が蓄積して、仕事のような強制力のある行動でなければ、それこそ何もしたくないという
気持ちかもしれません。

東京五反田にある「アスカ鍼灸治療院」を営む福辻鋭記さんは、この慢性疲労の原因は腎臓
あると指摘をします。

健康診断では何の異常も出ていないのに腎臓がおかしいという指摘こそおかしいのではないか
といった疑問を感じたかもしれませんね。

もちろん、腎不全な腎臓病のような明らかな病気ではなく、医学的には正常の範疇にあっても
絶好調ではなく機能低下が起こっているケースが多いという指摘を福辻さんはしています。

腎臓は、血液中の不純物を取り除いたり、ドロドロ血液をサラサラ血液に換えるための重要な
器官ですから、この働きが低下することで浄化されない血液が全身に循環するわけです。

その結果、新陳代謝が十分に行われなくなって、全身に疲労感を感じるようになるというわけ
です。

腎臓の働きを改善するために、しじみ汁でも毎朝飲めばいいのでしょうか?

しじみ汁を飲まないよりは飲んだほうがいいとは思いますが、飲めば必ず改善するというわけ
ではありませんので、あくまでも気休め程度と思っておいたほうが無難でしょう。

そこで、福辻鋭記さんが2000名以上に教えてきた方法をマニュアル化しました。
それが「お疲れBody体質改善プログラム」です。

腎臓以外にも、慢性疲労を誘発する「弱っている器官」が存在している場合があります。

このため、簡単なチェックで慢性疲労の原因を特定した上で、機能を改善する方法を実践する
ことで慢性疲労を根本的に解消していくという流れ
になります。

今日スタートして明日には完璧に解消するといったことはありませんが、2週間もすれば改善
効果を実感できるようになります。

【続きを読む】

このページの先頭へ