【鈴木式強迫性障害・強迫神経症改善プログラム】東洋医学と臨床心理学で1日8分で1週間で改善

kyohaku

click-button

強迫性障害強迫神経症を改善するのは簡単ではありません。
あなたも嫌というほどに実感しているのではないでしょうか。

精神科や心療内科などでは、これらの治療として「薬物療法」と「認知行動療法」が一般的
ですが、インフルエンザに対するタミフルといった特効薬があるわけでもなく、効果が出る
かどうかも疑わしい治療に時間を描けて取り組むことに耐えられずにやめる
人が少なくあり
ません。

あなたも無意味な「治療」にお金と時間を無駄にした経験があるのではないかと思います。

そこで、ヒカワセラピーセンターおぎくぼ施術室の鈴木進さんが、東洋医学と臨床心理学を
組み合わせた独自の強迫性障害・強迫神経症治療法を開発
しました。

それが「鈴木式強迫性障害・強迫神経症改善プログラム」です。

1日8分、4つのステップを実践するだけで、1週間後に強迫性障害や強迫性障害を改善する
ことができるというものです。

この方法は、強迫性障害や強迫神経症に苦しめられていた状態から、ある日、急に完治して
何の不安や恐怖も抱かなくなるといったものではありません。

最終的に完治したという状態にたどりつくまでには1週間程度では不可能ですが、良化した
ことを実感するのに1週間程度あれば十分だという話です。

途中経過としては、確認しないと気が済まないなどといった苦痛や恐怖に苦しめられる事が
なくなり、気になることはあってもリラックスして過ごすことができるようになりますから
日常生活を送るのが徐々に楽になってくるというわけです。

【続きを読む】

このページの先頭へ