【青汁・プロ】まずくないだけでは不十分!!

aojirupr

click-button

バラエティ番組の罰ゲームの定番であったり、「例のCM」のせいなのかはわかりませんが、
青汁と言ったらまずいものだといった先入観を持っている人が少なくありません。

このため、マーケティング的なインパクトを狙って「まずくない青汁」が出てきましたし、
その他の健康成分や栄養素を加えることで付加価値をつけた商品も次々と生まれています。

単に二番煎じを狙っただけの「青汁」の中には販売不振で消えていった商品も決して少なく
ありませんし、うまく軌道に乗せて定番商品になっているものも存在します。

しかし、従来型の青汁で見落とされていた観点をカイシンが発見しました。
それが「酵素」です。

酵素が含まれていないと、青汁だけを飲み続けたところで胃腸での吸収量は限られますから
摂取しても体外に排泄されるだけという結果に終わります。

栄養素を可能な限り体内に吸収させようと思ったら、体内に元々存在している酵素以外にも
青汁と同時に酵素を体内に送り込んだほうが効果的
だというわけです。

しかし、酵素は「熱に弱い」という弱点があることから、青汁を粉末にする際に必要な加熱
処理で酵素が死んでしまうという問題もあって、なかなか商品化することはできなかったの
ですが、カイシンが独自の「スプレードライ製法」を編み出したことで解決しました。

それが「青汁・プロ」です。
青汁を粉末化しても酵素が死ぬことなく、同時に摂取することが可能になったのです。

青汁・プロは、他の青汁商品と同じように水に溶かして飲んでも構いませんし、牛乳や炭酸
水などの液体に溶かしたり、調理の際の色付けなどにも活躍します。

【続きを読む】

このページの先頭へ