【虐待根絶マニュアル】親から虐待を受けていると我が子も虐待したくなる

gyakutai

>>公開は終了しました<<

良し悪しに関係なく「蛙の子は蛙」といったりするものですが、いわゆる「血統」や遺伝的な
ものだけでなく、同じ生活空間の中で親子が過ごしているわけですから似通ってくるのも当然
だといえるのかもしれません。

虐待」についても同じことが言えます。

虐待を受けて育った子供が結婚して出産すると、今度は我が子に対して虐待を行うという具合
に「負の連鎖」が続きます。

虐待の痛みを感じて育ってきたのだから、そんなことはありえないと思うかもしれませんが、
結構な割合で起こっているものです。

どうして、虐待の負の連鎖が続くのでしょうか?

他人の親子関係に興味が無い人がほとんどですし、興味があったとしても野次馬的な興味本位
ばかりで解決の役に立たないことが一般的です。

その上、犯罪者であろうが親の悪口を言うのは極悪人といった考えも根強く残っていますから
第三者からすれば「情のない人」などと言われて、あなたが更につらい思いをするわけです。

シンガーソングライターで虐待専門カウンセラーの岡田ユキさんは、その原因として「愛情」
をあげています。

親から虐待されるばかりで愛された経験がないからこそ、子供に向かっても愛情表現の仕方が
わからずに、虐待された経験を愛情だと誤解して、子供に虐待するようになるわけです。

どうすれば、あなたは子供に対して虐待しなくなるのでしょうか?

カウンセリングなどを受けた経験があるかもしれませんが、なにか役に立ちましたか?
期待はずれに終わったのではないかと思います。

カウンセラーや心理学の専門家が抱いている「虐待についての認識」が根本から間違っている
からだと岡田さんは強調します。

ひたすら我慢をすればいいとか、精神論ばかりを言ったところで役に立ちません。

このページの先頭へ