【足の痛みや疲れを気持ちよく楽にする方法】解消するための2つのポイント

asitukar

>>公開は終了しました<<

立ち仕事や歩き仕事をしていると、ふくらはぎがパンパンに膨らんだり、痛みや疲労感を
強く感じるのではないでしょうか。

このような疲労感や痛みというのは一時的なものだから、ほぐせば改善すると思って帰宅
後にマッサージやストレッチなどのセルフケアを行えば十分と思っているかもしれません
が、実際には、足の疲れや痛みが中々取れずに悩んでいるのではないかと思います。

スポーツトレーナーとして13年のキャリアを持ち、専門学校では講師として指導に当たる
こともあるという小峠剣太郎さんは、足の痛みや疲れというのは根本原因にアプローチを
すれば根本的に改善できるのにもかかわらず、そのことを知らない人が多すぎる
と指摘を
しています。

つまり、きちんと根本原因を解消すれば足の痛みや疲れは消えるのにもかかわらず、何も
知らないがためにムダなお金と時間を費やした挙句、対症療法的な改善策しか行わないし
根本的に改善するのは不可能などと勘違いしている人を見ると残念な気持ちになるという
わけです。

それでは、根本的に足の疲れや痛みを取り除くためには、どうすればいいのでしょうか?

小峠さんは以下の2つのポイントに着目するべきだと言います。

  • 足のアーチを正常化させる
  • 正常化したアーチが再び崩れないようにする

土台が悪いのに、その上だけで何とかしようと思ってもうまくいきません。

足のアーチが崩れることによって、足の疲れや痛みが発症するわけですから、元に戻せば
いいという、単純で分かりやすい話です。

しかし、足の疲れや痛みを改善する対策法のほとんどが、この単純なことができていない
ために、いつまでたっても根本的に改善しないのです。

このページの先頭へ