【上杉流睡眠時無呼吸症候群改善術】4ステップで最短3日で効果を実感できる

mukokyu

>>公開は終了しました<<

睡眠時無呼吸症候群」は、その本人が睡眠して意識を失っている最中に起こるわけですから
なかなか自覚するのは難しいのですが、以下のような症状が出ていることで実感できるのでは
ないでしょうか。

  • 睡眠時間を伸ばしても疲れが取れない
  • 日中に強い眠気に悩まされる
  • 数時間ごとに目が覚める
  • 寝起きに頭痛を感じる

これらの症状だけをみれば、睡眠時無呼吸症候群だけに限らず、他の病気が原因だという場合
も考えられますが、いろいろと調べた結果、睡眠時無呼吸症候群だということがわかれば改善
したいと思うのではないでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群の治療法としては、肥満体であればダイエットするように言われますし、
CPAPを使うように医師から指示をされても、なかなか続けにくいものですし、あくまでも対症
療法でしかありませんので、CPAPの使用をやめると再発する場合が多いのです。

マウスピースなども着用し続けることで違和感を感じることも多く、途中でやめてしまう場合
も少なくありません。

睡眠薬などの薬物療法もありますが、使い方を間違えると、睡眠時無呼吸症候群をさらに悪化
させてしまうケースもありますので注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群改善アドバイザーの上杉さんは、根本原因を解消しようともしないで対症
療法ばかりに頼るのは間違い
だと指摘します。

目の前の症状を軽減することも必要ですが、そもそも症状が出ないようにする方が重要である
ことは言うまでもありません。

睡眠時無呼吸症候群と一口に言っても、その原因はいくつかのパターンに分けられます。
間違った治療法を続けていても改善することはないのです。

ある人にとっては効果のあった方法であっても、別の人に当てはまるとは限りません。
全く効果のない人もいれば、かえって悪化する人さえいるのです。

このページの先頭へ