【こむら返りスッキリ解消プログラム】病院で診察を受けても無視される事が多い

komura

>>公開は終了しました<<

こむら返り」は、閉塞性動脈硬化症や脳卒中、心筋梗塞など、そのまま放置しておくと死亡
したり、後遺症が残る重篤な病気の前兆である場合があるので、早めに医師の診察を受けた方
が良いといったアドバイスをしているケースが少なくありません。

もちろん、医師の診察を受けて、これらの生命に関わる病気を早期発見できれば最善の結果に
繋がりますから一度は受診したほうがいいとは思いますが、あくまでも確率的な一般論として
重篤な病気などはいっさいなく、体質のものだから諦めろという具合に放置される場合の方が
はるかに多い
のです。

要するに、こむら返りは治らないから、あの痛みに耐えて我慢しろというわけです。
とてもじゃないですが、たまったもんじゃありませんよね。

こむら返りや足のつりが起こったら、とにかく筋肉を伸ばすことが必要だといった対症療法は
スキューバダイビングや水泳などといったスポーツ競技などでも言われている話ですが、それ
だったら、こむら返りが起こらないようにしたくありませんか?

「こむら返り」専門アドバイザーの末長さんは、以下の5つの少なくとも一つがこむら返りに
なる根本原因だと指摘をしています。

  • 体液中のカルシウムやマグネシウムなどの電解質ミネラルの欠乏
  • 精神的ストレス
  • ホルモン剤などの副作用
  • 腎疾患、心疾患、内分泌疾患などからの誘発
  • 筋肉を支配する末梢神経の異常

一つだけが当てはまるという人もいれば、全てが当てはまるという人もいるかもしれません。

あなたが当てはまる根本原因を解消してしまえば、こむら返りに苦しめられることはなくなり
ます。

末長さんは、その具体的な方法を「こむら返りスッキリ解消プログラム」というマニュアルに
まとめました。

重篤な病気の前兆現象の場合、医師の診察を受けた上で、入院・手術などが必要になることも
ありますが、多くの場合は特に道具などを用意しなくても1日10分あれば、こむら返りをする
心配のない「体質」に変えることができます。

このページの先頭へ