完治が難しいアトピー性皮膚炎を自宅で撃退するのは可能?

atopygek

click-button

一昔前までは「子供がかかる病気」というイメージが強かったアトピー性皮膚炎ですが、今では
年齢に関係なく発症する上に完治するのが非常に難しい病気というイメージを持つ人が増加して
います。

子供の頃から何十年もアトピー性皮膚炎に苦しめられている人も少なくありません。

あなたもアトピー性皮膚炎に苦しめられているのではありませんか?

アトピー性皮膚炎だけでなく、水虫や爪水虫などの皮膚炎と50年以上にわたって戦い続けてきた
という山本尚さんは、アトピー性皮膚炎になる原因として以下の要素をあげています。

  • 遺伝
  • 食事
  • 大気・環境
  • 不衛生
  • ストレス

すでに知っているかもしれませんね。

しかし、あなた一人で遺伝や大気、環境などを改善することは不可能ですし、田舎に住めば環境
改善するなどと言われても、そう簡単に移住できるものではありません。

せいぜい、食事に気をつけてストレスを溜めないようにする生活に務める程度ではないでしょう
か?

アトピー性皮膚炎の症状にはステロイドなどの薬で抑えても、ステロイドなどの薬に対する耐性
が出来てきますから、効き目が強く副作用も強い薬に切り替えるといった蟻地獄に陥るケースが
珍しくありません。

あなたも、今までにさんざん苦しんできたのではないでしょうか。

そこで、山本さんは「アトピー患者の治療実績を持つ新治療方法」を推奨します。

この新治療方法は花粉症を解消するときにも用いられる方法であって、1週間、1ヶ月と続けるに
従って、アレルゲンの少ない地域に引っ越ししなくても徐々に改善していく
といいます。

もちろん、少し良くなったからといって、この新治療法の実践を中止してしまうと、リバウンド
が起こってしまい、以前よりもさらにアトピー性皮膚炎が悪化する可能性があります。

つまり、この新治療法を実践するのであれば、完治するまで取り組む必要があります。
平均1ヶ月から2ヶ月、長くても半年以内には改善効果を実感しています。

【続きを読む】

このページの先頭へ