メタボ予防に30代から痩せる身体になるダイエットプログラム

30yaseru

>>公開は終了しました<<

若い頃はヤセ型だった人でも、30代以降は、油断すると簡単に肥満体になってしまう傾向がある
ものです。

「メタボが増えるのは中年以降」というのには理由があります。

20代前半までは身体が成長し続けますから、運動嫌いな人であっても基礎代謝は伸び続けるため
に、過食生活を続けない限りは肥満体質になるほうが難しい一方、20代後半から老化がスタート
しますから簡単に太りやすくなってしまうのです。

最近は低所得者層の中高年の数が増えてきたことから、従来のステレオタイプ的な贅沢な食事を
取るようになって太るといったケースは必ずしも当てはまらなくなりましたが、低所得者層向け
に用意された、低価格で高カロリーな弁当やジャンクフードなども肥満体への近道です。

安い外食メニューや300円弁当などは揚げ物が多く、どうしても高カロリーになりがちです。

太ったからダイエットを行い、痩せたら終わりといったことを繰り返していると、繰り返す毎に
徐々にダイエット効果が薄れてきますし、リバウンドが激しくなりがちです。

メタボにならないようにするためには、太ったから痩せるといった対症療法的なダイエットでは
なく、太らないようにする体質づくりのほうが重要なことは言うまでもありません。

具体的には、どうすればいいのでしょうか?

短絡的に、運動量を増やして摂取カロリーを減らせばいいというカロリーの足し算・引き算だけ
で考えると、必ずと言っていいほど失敗します。

(摂取カロリー)-(消費カロリー)=脂肪燃焼量
などと考えていると、思わぬ落とし穴に落ちてしまうのです。

もちろん、カロリー消費以外にもフィジカルを鍛えて老化を予防するという効果がありますから
運動をしないよりは運動をしたほうがいいですが、有酸素運動・無酸素運動に関係なく、運動量
によって消費するカロリーというものはダイエットに直結するほどの量ではありません。

運動すれば痩せられるというのは正確ではありません。

また、食事制限をすれば摂取カロリーが減りますから一時的に体重が減りますが、摂取カロリー
の減少にともなって体内飢餓状態に陥り、脂肪を蓄積しやすい体質に変化しますので、それ以降
は少ない摂取カロリーで少ないカロリー消費という縮小均衡状態に陥ります。

その結果、食事制限を厳しくしても、あまり痩せなくなってしまうのです。

これでは、体を壊すだけですから意味がありません。
太らない体になるための仕組みを知らずにダイエットだけを行っても不健康になるだけです。

このページの先頭へ