【アイ・ファンタスティック】目が運動不足のままでは視力回復するわけがない

eyefanta

>>公開は終了しました<<

眼精疲労を取り除いたところで、視力は回復しません。

つまり、ブルーベリーやローズマリー、クロセチンやルテイン、カロテンなどといったサプリを
飲み続けても眼精疲労は改善するかもしれませんが、視力回復効果を期待しているのであれば、
全くの無駄に終わる可能性が高いと言えるでしょう。

別に目に限った話ではなく、体の筋肉で考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

筋肉の疲労は休めれば回復しますが、それだけでは筋肉が鍛えられるわけではありません。
筋トレなどを行わなければ筋肉は鍛えられないからです。

視力低下に関しても同じことが言えると説明するのは、理学博士の松崎五三男さんです。
物質工学を中心に研究を行っており、現在は信州大学名誉教授となっています。

医者でもないのに、どうして分かるんだ
と疑問に感じるかもしれませんが、物質工学の中には生物学やバイオ関連も含まれており、松崎
さんも脳力開発への造詣が高かったことも理由の一つにあげられるでしょう。

さて、松崎さんは、視力低下の原因は目の周りの筋肉の運動不足だということがわかったといい
ます。

具体的には、眼球の周辺にある虹彩、毛様体、眼球移動筋という3種類の筋肉のはたらきを改善
することで視力が回復できるというわけです。

しかし、筋トレをする感覚で目のまわりの筋肉をジムで鍛えるということはできませんから、
これらの筋肉を鍛えるためのトレーニング手法を知らなければ鍛えようがありません。

そこで松崎さんは「アイ・ファンタスティック」という視力回復プログラムを作成しました。
10日間も頑張れば視力回復効果を実感できるというのです。

このページの先頭へ