【竹宮式「手・足ツボ10分」腰痛克服法】患部を直接治療しても悪化するだけです

takeyotu

>>公開は終了しました<<

腰が痛ければ腰のツボを押したり、腰を伸ばせばいいと考えがちです。
あなたも無意識のうちに腰をもんだりツボを押したりしているかもしれません。

また、湿布薬や軟膏を腰に使ったり、マッサージ機やマッサージ屋や整体などに通って腰を
ほぐしてもらっているかもしれないですね。

しかし、この発想自体が腰痛や腰の病気を悪化させるだけだと指摘をするのは大阪府にある
竹宮整骨院の院長である竹宮秀紀さんです。

竹宮さんはあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師と数多くの国家資格を持っている
だけでなく、東洋医学の勉強を深める中で、エネルギーの滞りを解消すれば不調が解消する
ということがわかったといいます。

つまり、腰痛が起こるのは腰だけに原因があるのではなく、腰のまわりのエネルギーの滞り
を解消することが重要
だというわけです。

東洋医学の先進国といえば中国というイメージが有りますが、ツボ治療という点で言えば、
意外に思うかもしれませんが韓国も先進国なのです。

そこで、竹宮さんは坐骨神経痛や椎間板ヘルニア、座骨神経痛を改善できるように、手足の
ツボを刺激する独自の楽通接経療法・手指反射療法を開発しました。

それが、竹宮式「手・足ツボ10分」腰痛克服法です。
動画形式で簡単に理解できるようマニュアルは構成されています。

1日10分、手と足にあるツボを刺激するだけで腰痛が解消するというのですから、驚くので
はないでしょうか?

この楽通接経療法・手指反射療法は、すでに12万人以上が効果を実感している手法です。

しかし、あなた一人で、竹宮式「手・足ツボ10分」腰痛克服法に取り組むことは推奨されて
いません。

パートナーの協力が必要だからです。

もちろん、国家資格も不要ですし、マッサージやリラクシゼーションに関して全くの素人で
あっても問題ありません。

このページの先頭へ