【うつ病を解消するレッスン】うつ病経験者にしか分からない薬いらずの克服法

utulesn

>>公開は終了しました<<

医学書に書いてあるからといって、マニュアル通りの「治療」しか行わないという、自らは心身
ともに健康そのものでエリートコースを歩んできた挫折知らずの精神科医と、うつ病に苦しんだ
経験があり、地獄の淵から生還してきた人とでは、どちらが信用できますか?

あなたの気持ちを正確に理解できるのは、どちらのタイプの人であるかは言うまでもないのでは
ないでしょうか。

精神安定剤や抗鬱剤などを飲まないと精神的に安定しないから、医者に掛かるのが一番だと思う
人もいるかもしれませんね。

しかし、今の制度ではエリートでなければ医師になれないというメカニズムになっていますから
その優秀さが仇となって精神科医でも「うつ病」を本当の意味で理解することはできませんから
医学書や臨床結果などの記録を元に、機械的に当てはめていく治療しかできないのです。

もちろん、確率論的には間違いが少ないからこそ、診断アプリの要領で薬やカウンセリングなど
の治療方針を決めていくわけですが、それがあなたのことを最善に考えた結果であるかどうかと
言われたら疑問が残るのではないでしょうか?

当然ながら、すべての医師がこのような治療しかできないわけではありません。

過去のつらい経験を元に人生をかけて医療に取り組みたいと努力して医師になった人もいますし
机上の空論ではなく患者の患者を再優先に取り組む医師が入ることも事実ですが、残念ですが、
少数派です。

東大・京大などと同様に、偏差値ヒエラルキーの最上位に医学部があるという構造が変わらない
限り、優越感を得るために医学部に入って医者になるという人は減りません。

そこで、「うつ病を解消する会」の相川さんと末政さんは、自らうつ病に苦しんで克服した経験
と良質な医師のアドバイスを元に、独自の「うつ病を解消するレッスン」を開発しました。

鬱病になれば、やる気が出なくて当然です。

その中でも、個人差が大きいうつ病の改善に役立つように、楽な気持ちで、簡単に楽しんで試す
ことができる「うつ病解消のレッスン」が多数あります。

考え方や性格を変えるのは簡単ではありませんが、今の自分を変えずに「苦しまない生き方」が
あるというのを知るだけでも、楽な気持ちになれるものです。

このページの先頭へ