【学習障害なんかに負けない方法】「知識」「学習」「行動」の3つが改善の秘訣

gakusyus

click-button

学習障害」と一口にいっても、飲めば完治するような特効薬があるわけではなく、脳の
手術をすれば改善できるといったものでもありません。

もちろん、カウンセリングをどれだけ受けても改善しないケースは珍しくありませんし、
単なる怠けだと決めつけて、スパルタ的にしごきまくっても良くなりません。

子どもの学習障害が受け入れられずに親子の縁を切って里子に出したり、戸籍から外して
しまうといったケースもありますし、将来を悲観して殺すといった場合もあります。

個別指導学習塾「学太郎」で塾長を務める岡田誠さんは、学習障害による学業不振に喘ぐ
学生への指導も数多く行ってきましたが、現時点で本当に効果のあるものにたどり着くの
は、極めて困難だという結論に達したといいます。

しかし、「学太郎」では学習障害の子供たちの受け入れを拒否するのではなく、試行錯誤
を重ねながら、数少ない有力な学習障害を改善するという情報を元にして、独自の指導を
行った結果、成績不振を徐々に解消していくことに成功した
というのです。

そのポイントとして、岡田さんは以下の3つのポイントが重要だと指摘をします。

  • 知識(学習障害の子供の周囲の大人が正確な知識・認識を得る)
  • 学習(適切な学習トレーニングを行う)
  • 行動(学習効果をチェックして、子供にフィードバックすること)

この3点に注意をして取り組むことで、学習障害は徐々に改善していくというわけです。

その具体的な方法を、岡田さんは「学習障害なんかに負けない方法」というマニュアルに
まとめました。

3時間半のDVD動画で丁寧に説明を行っています。

【続きを読む】

このページの先頭へ