【痛風改善プログラム】我慢せずに尿酸値を正常に!

click-button

痛風になると、尿酸値を下げるためにプリン体の入っているものを食べては
いけないというのが常識となっていますが、アルコールや高プリン体食品を
控えるように努力をしても、食べ物からの影響は2割程度しかないことから
対して効果が得られない場合も珍しくありません。

プリン体は細胞の中にある核を構成する部品であり、残りの8割は新陳代謝
で生成されて肝臓で尿酸に作り変えられる
ことから、尿酸の排せつが正常に
行われていれば痛風は解消できますが、何らかの原因で排泄が不十分なこと
から痛風が発症
しているわけです。

尿酸の排泄を正常化するためには、どうすればいいのでしょうか?

痛風改善アドバイザーの上村康成さんは、かつては痛風の発作を7回も発症
しており、医師からは食事制限と運動療法、薬物療法という定番の治療法を
提案されましたが、痛風患者50人以上にインタビューしたり、医学書など
を参考にしながら、独自の改善法を実践したところ、10年以上にわたって
痛風の発作は出ていない
といいます。

食事療法は一切行わずに、今でもアルコールや高プリン体食品を同じように
摂取しているのにも関わらず、尿酸値が正常な範囲に戻ったのです。

その経験を元に、尿酸の排泄を正常化するためのポイントをまとめたマニュ
アル「痛風改善プログラム」を公開しました。

上村さんは、
残念ながら、痛風は治りません
と断言していますが、だからといって痛風の発作を諦めろと言っているわけ
ではなく、尿酸値をコントロールして発作が出ないようにすることは可能だ
という意味です。

痛風の不安を感じない毎日を過ごすことが可能になります。

【続きを読む】

このページの先頭へ