【睡眠障害を改善して熟睡する方法】睡眠時無呼吸症候群を改善!

click-button

いびきをかいている人は、睡眠時無呼吸症候群に悩まされていると考えがち
ですが、必ずしも正しくありません。

睡眠時無呼吸症候群を知っていると、いびきをしている間は必ず呼吸が停止
していると思いがちですが、いびきの最中にも全く呼吸が止まらない「単純
いびき
」も存在します。

いびきの最中も呼吸が止まりませんから、酸素がスムーズに体内に入ります
ので体内が酸欠状態になる心配もなく、寝起きも気持ちよくすっきりとして
いるものです。

その一方、睡眠時無呼吸症候群の症状として現れるいびきの場合は、体内が
酸欠状態になっている
ことから、最悪のケースでは死亡することもあります
し、寝起きに体のだるさを感じたり、日中は寝不足感を感じることも珍しく
ありません。

生活改善では睡眠時無呼吸症候群を解消できない場合もありますので、必要
に応じて、耳鼻科などの医療機関で診察や治療を受けることになりますが、
セルフチェックをすることで事前に判断できる場合も少なくありません。

睡眠障害を改善して熟睡する方法」は、単純いびきと睡眠時無呼吸症候群
で生じるいびきとの違いをはじめとして、睡眠時無呼吸症候群になった時の
対策や医療機関での治療法などを学ぶことができます。

睡眠時無呼吸症候群を解消するためには時間がかかることが一般的ですが、
やみくもに不安や恐怖を感じて過ごしているのと、正しい知識を身につけて
的確な対応をとりながら過ごすのとでは、日常生活においても大きな違いが
出てきます。

【続きを読む】

このページの先頭へ