【過食症心理療法プログラム】摂食障害を自力で改善!

click-button

過食症というと、とにかく大量に食料を食べるというイメージがつきものですが、単に食べる
だけでなく、拒食症も同時に伴う摂食障害になっていることが一般的です。

食事のタイミングや食べる量のコントロールが適切に行えないという点では、過食症も拒食症
も同じですから、時期によって交互に発症するケースも珍しくないため、摂食障害とまとめて
扱われる場合が増えてきました。

この摂食障害ですが、これまでは精神的な問題としてのみ取り扱われてきましたが、現在では
低血糖症との関連も指摘されており、糖尿病治療と同じアプローチで過食症が改善したという
ケースも報告されています。

心理療法と自己治癒力を高める自然療法を中心に精神疾患に悩む人達のサポートを行っている
という「こころの相談室」では、この摂食障害に対するアプローチとして、心理療法や養生法
を取り入れており、豊富な臨床データと実績をあげています。

これらの実績をふまえて、あなた自身で過食症などの摂食障害を改善するための「過食症心理
療法プログラム
」をこころの相談室が公開しました。

過食症心理療法プログラムでは、心理面と身体面の両面から改善していきます。

心理面ではとしては、

  • 認知療法
  • 行動療法
  • 自律訓練法

を行い、身体面では、

  • 丹田呼吸法
  • 気功ストレッチ
  • 座禅

で、過食症・摂食障害の改善を促していきます。

わからないことや相談したいことがあれば、回数・期間無制限のサポートがあります。

アメリカのペンシルベニア大学ラッシュ教授の研究によると、薬物療法よりも心理療法のほう
が完治率が非常に高く、6倍以上の開きがある
ことが明らかになりました。

これまでの実績では、過食症心理療法プログラムを実践した人は、最短数週間後、平均数ヶ月
程度で過食症を改善しています。

【続きを読む】

このページの先頭へ