【スッキリン】朝が弱くても午前5時に目が覚めて眠気に襲われない熟睡法

sukkri

click-button

多忙な生活を送る人にとって、睡眠時間は少ないほうがいいことは言うまでもありません。
活動時間が多くなるほどに、さまざまなことに取り組めるからです。

深夜まで仕事があっても、その後に何かスポーツをして身体を動かしたいと思ったところで、
睡眠時間は8時間取らないと普通に日常生活が送れないという体質であれば、後は寝るぐらい
しかできませんから、人生で大きな損をしているのではないでしょうか。

しかし、無理に睡眠時間を縮めたところで、日中は強い眠気に襲われて、まともに仕事や勉強
などができないというのであれば、全く意味がありません。

あくまでも、短時間で熟睡し、起きている間は眠気を感じることなく精力的に動けるといった
生活スタイルを求めているのではありませんか?

そこで役立つのが「スッキリン」です。

短時間睡眠だと言って気合を入れたり、眠気に耐える必要もなく、努力を一切しないで自然に
マスターできるという、お気楽で簡単な熟睡法
です。

今日からはじめて3日後には、深夜に就寝しても午前5時には気持よく起きられるようになると
いうのですから、今までに短時間睡眠で失敗したという経験があれば、なおさら驚きを感じる
のではないでしょうか。

スッキリンが短期間で高い効果を出す秘訣というのが「潜在意識」に隠されています。

「早寝早起き」が健康の秘訣などと頭の奥底にまで刷り込まれていませんか?
これが大きな間違いなのです。

地動説と天動説の違いといえば分かりやすいでしょうか。

簡単にいえば、早寝早起きは「天動説」なのです。
医者までが堂々と言っているからこそ、あなたが間違えるのも当然でしょう。

このような「天動説」的な間違いが睡眠の世界では蔓延しており、あらゆる機会を通じて潜在
意識に刷り込まれていきます。

だからこそ、短時間睡眠をしようと思っても潜在意識がじゃまをして、変な罪悪感を感じたり
睡眠の質を悪化するように仕向けたりする傾向があります。

この状況を解消しようと思ったら、潜在意識を書き換えるしかありません。

【続きを読む】

このページの先頭へ