【胃炎治療CMEXプログラム】人間の治癒能力を活用した薬いらずの治療法

cmex

click-button

胃炎だからといって、胃薬を飲んでいれば安心というわけではありません。

胃薬を飲めば、その時の不快な症状は改善するかもしれませんが、あくまでも根本的に治癒を
するものではありませんし、胃薬の副作用がボディーブローとなって、あなたに襲いかかって
きます。

副作用によって発症した病気は、今までの毒素の蓄積がありますから、なかなか治癒しません
し、治癒させるのが難しい事情も存在します。

副作用が出る薬を飲むきっかけとなった、元となる病気が改善しなければ、薬をやめられない
からです。

このため、副作用が出るからといって薬の服用を打ち切るのが難しいケースも意外に多いもの
です。

薬の種類を変えてみたところで、胃炎を解消するという目的は同じですから、結局は副作用が
同じように出るといった場合も少なくありません。

そこで、胃炎の中でも神経性胃炎に関して言えば、原因となる神経を改善することで胃腸薬や
精神安定剤などを使わなくても完治させることが可能
です。

どのようにして、薬を使わずに神経性胃炎を解消していくのでしょうか?

元神経性胃炎患者で現在は胃炎解消アドバイザーとして数多くの相談に乗っているという麻生
隆光
さんは、神経性胃炎の原因となる自律神経の乱れを整えるためには潜在意識の状態を正常
に戻すことだ
と指摘をします。

「潜在意識」というキーワードを見ただけで胡散臭く感じるかもしれませんが、無意識の世界
というのは、あなたの意識が直接的に働きにくい分野ですから改善するのも工夫が必要です。

たとえば、あなたが自分の心臓を止めたいと思っても、あなたの脳から指令を出した(実際は
出ることもありませんが)ところで、あなたの心臓が止まることはありません。

心臓が止まるのは、低体温で仮死状態になった時か、それこそご臨終を迎えた時ぐらいです。

これくらい、あなたの意思を無視して動くのが、潜在意識こと無意識の世界なのです。

しかし、麻生さんは独自の手法を開発したことで、1日15分、30日間で潜在意識の中でも神経
性胃炎を引き起こす自律神経の乱れを解消できるようになった
のです。

その手法をまとめたマニュアルが「胃炎治療CMEXプログラム」です。

【続きを読む】

このページの先頭へ