【中川式ストレッチ 五十肩・頚椎ヘルニア編】整形外科や整体院などに行く必要なし!

click-button

首や肩、腕や指先などの痛みに悩まされていませんか?

医師から診察を受けた結果、頚椎椎間板ヘルニアやムチ打ち症、五十肩や胸郭出口症候群など
といった病名を告げられたかもしれません。

しかし、整形外科や整骨院等に通っても改善しないし、グルコサミンやコンドロイチンなどの
サプリメントやビタミン剤などを飲み続けても、金と時間の無駄だったのではないでしょうか?

手術を受けても再発することは珍しくありませんので、非常に厄介な病気です。

愛知県豊田市にある鞍ヶ池ヘルスケア整骨院の中川卓爾さんは、30年間でのべ50万人以上の
患者を見てきたといいますが、医師や柔道整復師、マッサージ師などから見捨てられた患者の
症状を次々と回復させてきたことで知られています。

この長年の実績と経験から生み出されたのが「中川式ストレッチ」であり、鞍ヶ池ヘルスケア
整骨院に通院が出来ない多くの患者さんが自力で首や肩の痛みなどの症状を改善させることに
成功
しています。

膝が痛むのは「体の一部分」を使っていないことが原因だと中川さんは断言します。
使っている人でも、動かし方が適切でなければ膝の痛みの改善にはつながりません。

中川式ストレッチでは、この「体の一部分」を適切に動かすことによって首や肩の痛みを改善
するという流れになります。
死ぬまで治る見込みがないと医師にさじを投げられた1000人以上の四十肩・五十肩、頚椎椎間
板ヘルニア、頚椎捻挫(ムチ打ち症)で苦しんでいた患者さんが改善した実績ある方法です。

自宅で一人で1日15分間、中川式ストレッチを実践するだけで、これまでに実践者の97.3%が
改善に成功
しています。

【続きを読む】

このページの先頭へ