【視力回復3ミニッツ】眼球運動では視力アップしない原因は?

click-button

視力を回復するための方法として一般的なのが、

  • 眼精疲労の軽減
  • 眼球運動で目の周りの筋肉を鍛える
  • レーシック手術で角膜の調整

ですが、レーシックの場合は副作用や医療ミスが心配ですし、その他の方法も期待したほどの
視力回復効果が得られなかったかもしれません。

視力向上委員会の前田さんは「視力回復アドバイザー」として視力低下に悩む多くの人たちの
相談を受けてきた実績がありますが、眼球運動だけでは、目の機能は改善できても視力を回復
することは無理
だと指摘します。

その理由として、前田さんがあげているのが「脳の働き」です。

眼球の機能だけを改善したところで、目で捉えた視覚情報を脳内で正しく処理できなければ、
視力は低いままです。

従来の視力回復メソッドで視力が改善しなかった人は、共通して「脳の見る力」が衰えている
のが原因であり、この「脳の見る力」を改善するためのトレーニングに取り組むことで視力を
回復することが可能
となります。

「脳の見る力」が低下している原因として、前田さんは以下の3点をあげています。

  • 脳の疲れ
  • 血流の悪化
  • 自律神経のバランス崩れ

そこで、この3点を改善して、視力を回復するための方法をまとめたマニュアルを前田さんが
公開しました。

それが「視力回復3ミニッツ」です。

近視や乱視のほかにも、老眼、白内障や緑内障、眼精疲労・ドライアイなどを改善した実績
あります。

「視力回復3ミニッツ」というタイトルにあるように、1回3分で終わるエクササイズですから
忙しい人でも無理なく取り組めますし、年令に関係なく取り組める内容です。

【続きを読む】

このページの先頭へ