【リノール酸低減式花粉症対策】1ヶ月で体質改善を実現!

click-button

花粉症になってしまうと、アレルゲンとなる花粉を体内に取り込まないことが重要という考え方
が一般的で、体質を改善して花粉症にならないようにするのは難しいものです。

あなたも、さまざまな花粉症対策を試してみても、十分な改善効果が得られずに苦労しているの
ではないでしょうか?

しかし、花粉症対策研究会会長で花粉症対策アドバイザーの伊藤龍一さんは体内に蓄積している
「かゆみの元となる物質」を排出することで、花粉がアレルゲンにならなくなり、花粉症を発症
することもなくなる
と断言します。

山口県の公立病院に勤務している小児科医と、愛知県在住のアレルギー研究の第一人者の協力を
えながら開発した伊藤さん独自の治療法ですが、「かゆみの元となる物質」であるヒスタミンや
ロイコトリエンなどの数をマスト細胞(肥満細胞、顆粒細胞)内から減らしていきます。

マスト細胞中の原因物質の蓄積量が許容量を超えると花粉症が発症するというメカニズムがある
ことから、許容量以下に減らすことでアレルゲンに反応しなくなります。

花粉症の薬によって症状を抑えるのは、抗ヒスタミン剤などの「かゆみ物質」がマスト細胞から
放出されないように抑制したり、無力化しているのであり、かゆみ物質自体を減らしているわけ
ではありません。

このかゆみ物質を減らすための具体的な方法を、伊藤さんは「リノール酸低減式花粉症対策」と
言うマニュアルとして公開しました。

モニターテストでは25年以上の長期間にわたって花粉症に悩んでいた重症の人を含めて、40名
全員が花粉症を解消することに成功
しています。

杉や檜など、特定の花粉症の解消法だけでなく、どのような花粉でも対応可能です。
花粉症だけでなく、アレルギー性鼻炎通年性鼻炎を解消した人も少なくありません。

【続きを読む】

このページの先頭へ