【子宮卵巣のコンディション改善妊娠術】年齢よりも状況が大事!

click-button

20代前半と言われる妊娠適齢期を過ぎると不妊症になりやすいと言われており、寿命が伸びても
妊娠可能な時期が伸びるわけでもありませんし、正常出産が難しくなるだけでなく、流産・死産
の確率が増す上に、出産できても障害児になる可能性が高まると言った統計的事実
があります。

この現実というのは医師等の個人的な意見などではなく、年齢と妊娠/出産結果のデータを解析
した結果ですから、十分な根拠があるといえるでしょう。

しかし、統計的に高齢出産はリスクが高いといっても100%確実に失敗するわけでもありません
し、森渉さんと金田朋子さん夫妻の場合は、金田さんが43歳の時に自然妊娠して44歳になって
から3096gの元気な女の子を出産しています。一般的に5%以下と言われる40歳以上の自然妊娠
を成功した理由は子宮と卵巣のコンディションが非常に良かったからだと思われます。

婦人科悩みアドバイザーの長谷川まりこさんは、生理痛、子宮筋腫や内膜症、卵巣のう腫など
の病気や不妊に悩む7000名を超える女性からの相談を受けてきましたが、高齢出産に成功した
ケースの多くは子宮と卵巣のコンディションが非常に良かったのに対し、20代前半の妊娠適齢
期であるのにも関わらず不妊に悩んでいる女性の子宮と卵巣のコンディションが45歳以上
だと
いうケースもあったといいます。

年齢以上に子宮や卵巣が老化している兆候として、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気を発症した
り、生理痛や生理前の兆候がひどかったり、経血の量が多いなどがあげられます。

これらの問題を解決し、子宮と卵巣のコンディションを改善するための方法として、長谷川さん
が推奨するのが1日30分の時間を確保することだといいます。

【続きを読む】

このページの先頭へ