【終煙ガイドブック】禁煙しようとするからタバコをやめられない!

click-button

喫煙をやめたいのにやめられない

あなたもいろいろな方法を試してみたり、禁煙外来などに通院したりと、タバコをやめるため
にさまざまな努力をしてきたかもしれませんが、気がついたらタバコを吸っているという繰り
返しだったのではないでしょうか。

このままだと、1箱1000円を超えるまで値上げをされてもタバコを一生吸い続けるのではない
かという状況かもしれません。

しかし、終煙カウンセラーで松山市にある健幸選択研究所の藤浦正信代表は禁煙しようとする
発想自体が間違い
だと指摘します。

別に言葉遊びをしたいわけではありませんが「禁煙」という言葉から連想される難しさや苦痛
とは全く無縁で、タバコを吸わなくなる「終煙」という方法があるからです。

喫煙を禁止する「禁煙」では我慢や苦痛が伴うのは当然ですが、喫煙を終了する「終煙」だと
禁断症状もなく、きっぱりとタバコをやめることが可能
となります。

わかりやすくいえば、終了日が来たから喫煙するのを自動的に終えるという感覚です。

ニコチンやタールの中毒や禁断症状があるのに、そんな簡単にタバコをやめられるわけがない
と思ったかもしれませんが、喫煙者は飛行機や映画館のような絶対に吸えない場所では普通に
過ごせますから、依存症になっていない限りはヘビースモーカーであっても中毒や禁断症状に
苦しむことは少ないのです。

個人差はありますが、ニコチンやタールの禁断症状は長くても3週間もすればなくなりますし
麻薬や覚醒剤のように重度の禁断症状が出ることもありません。

むしろ、タバコを吸いたくなる気持ちや習慣による影響の方が大きいと藤浦さんは指摘します。
このタバコを吸いたくなる気持ちや習慣付けを解消するのが「終煙」です。

そこで、終煙を実現するための具体的な方法をまとめた「終煙ガイドブック」を、藤浦さんが
公開しています。これまでに900名以上がタバコとお別れしています。

【続きを読む】

このページの先頭へ