【アトピー性皮膚炎改善プログラム】対症療法の不毛な治療を終えるには?

click-button

アトピー性皮膚炎を完治させるのは難しいものです。

目の前の症状を抑えなければ、体のかゆみや皮膚の痛みなど、日常生活を送るのが難しくなる
ことから対症療法を否定するつもりはありませんが、ステロイドや抗炎症剤、抗ヒスタミン剤
などを使うと、炎症は軽減されても免疫力が低下するという副作用が伴うために完治が遠のく
という矛盾した状況になりがちです。

このため、いつまでたっても対症療法を繰り返すことになったり、皮膚が薬に慣れてしまって
効きが悪くなることから、さらに強い効き目の薬に変えることで副作用も強くなるという具合
に、どんどん悪循環に陥りかねません。

ヘルスコンサルタントの堀口剛志さんは、アトピー性皮膚炎を完治させるためには以下の3つ
のポイントが重要だと指摘します。

  • アトピー治療に対する間違いに気づくこと
  • アトピーを改善するための正しい方法を用いること
  • 多くのアトピー経験者によって実証済みの方法を用いること

つまり、体質を根本的に改善してアトピー性皮膚炎を治す必要があるわけです。

体質改善という言葉や方法論は見かけることが多いのですが、どこかピント外れであったり
表面的には正しいことをしているように見えても実際には間違っている場合も珍しくないと
いったら驚くのではないでしょうか。

そこで、堀口さんが今まで多くの人にアドバイスを行ってきた実績を元にアトピー性皮膚炎
を完治させるために何をすればいいのかをまとめたマニュアルを公開しました。

それが「アトピー性皮膚炎改善プログラム」です。

90日もあれば体質改善が行われてアトピー性皮膚炎の症状がなくなるというものです。
もちろん個人差があり、これまでの実績では遅いケースで改善するのに半年かかりました。
早い人だと90日と言わず1ヶ月半程度で改善していますので、この間におさまる場合が多い
と考えると分かりやすいでしょう。

【続きを読む】

このページの先頭へ