吃音・どもり改善メソッド!吃音 Expel Manual

click-button

吃音・どもりを解消するためには、発声練習が効果的
などと何十年にもわたって声高に主張したグループがいたことから、勘違いしている人が現在
でも多いのですが、医学的には、行動療法の一つとして取り組む価値はあるとしても、誰もが
完治できる手法ではないどころか、かえって悪化するケースもある
ので、実践するにあたって
言語聴覚士の指導のもとに行うことが一般的です。

菊池優太さんは中学・高校と6年間にわたって吃音で苦しんでいたといいますが、吃音のメカ
ニズム
を偶然知ることが出来たために、今では吃音で悩むこともなくなったといいます。

この「吃音のメカニズム」というのは「精神面」にあります。

発声練習で身体面を改善して吃音を解消しようとしても、全くうまくいかない場合には精神面
の影響が非常に大きいと菊池さんは指摘します。

このため、精神面からアプローチを行うにあたって重要なのが潜在意識レベルの思考です。

潜在意識に刷り込まれた吃音に対する恐怖心やフラストレーションを段階的に消していくこと
によって、吃音・どもりの症状自体が改善されていく
というわけです。

そこで、菊池さんが10日間を一つのクールとして、40日間にわたって潜在意識を書き換えて
いき、吃音・どもりの症状を改善させるために一人で実践できるプログラムを公開しました。
それが、吃音・どもり改善メソッド!「吃音 Expel Manual」です。

精神的なアプローチだけで吃音が改善・解消できることがわかります。

【続きを読む】

このページの先頭へ