【心理ダイエットプログラム】定番の方法で失敗する理由は?

click-button

ダイエットというと、継続的な運動と食事制限をするのが定番ですが、なかなか成果が出ない
ことも決して珍しくありません。

もとから痩せ過ぎている人が、更にダイエットをしようとして失敗するのは当然だとしても、
肥満体の人が標準体重あたりまで痩せようと思って努力を続けていても、停滞期を抜け出せず
に挫折する
といったケースは数多くあるものです。

あなたも今までに経験したことがあるかもしれませんね。

その後、リバウンドが起こって、ダイエットをする前よりも体重や体脂肪率が増えてしまい、
さらにショックを受けたこともあったかもしれません。

そこで、摂食障害や過食症の治療用プログラムとして用いられている、メンタル面を重視した
心理ダイエットプログラム」が役立ちます。

心理ダイエットプログラムは、大きく以下の2つの方法から構成されています。

  • 心理療法による食欲コントロール
  • 丹田呼吸法と医療気功による体質改善

辛い食事制限と定期的な運動を気合と根性、我慢で乗り切ろうという考え方自体に無理がある
わけですから、ダイエット中に感じることが多い精神的な苦痛を取り除きながら、現在の過剰
な食欲を抑えることで、無理せずに食事制限を行うことが可能となります。

また、基礎代謝を増やす方法としてインナーマッスルを中心とした筋肉を増やす方法が一般的
ですが、筋トレをするだけでなく、呼吸を変えることで筋肉の燃費が良くなって、結果として
基礎代謝を向上させる効果が期待できます。

これまでのダイエットで失敗続きだった人でも、心理ダイエットプログラムで次々と成功して
います。

【続きを読む】

このページの先頭へ