【HMCM催眠誘導法・習得セミナー】不眠症の改善に効果的!

click-button

不眠症や睡眠障害を解消するのは簡単ではありません。

寝たくなければ寝なければいいとか、ずっと起きていれば自然に意識が落ちるんだから大した
問題ではないなどと指摘する人もいますが、不眠によって生活習慣が乱れることで、まともな
日常生活が送れなくなる
という問題は極めて重大です。

睡眠不足で会社や学校に通うことが非常にしんどいことは言うまでもなく、無理やり通勤通学
できたとしても、眠気が強い状態で仕事や勉強をするのは不可能に近いです。

機械操作やドライバーなどであれば、居眠りで即死もありえますし、デスクワークでも全くと
いっていいほど仕事がはかどらないことから、社内での評価は最悪です。学生であればテスト
の成績が悪い状態が続くことも珍しくありません。

このような状態が続くと無断欠勤や不登校に陥りがちとなり、解雇・退学となりかねません。

そこで、不眠や睡眠障害を解決するために、睡眠薬睡眠導入剤などを使うケースが多いです
が、薬を飲まないと眠れない、薬の効きが悪くなったから更に強力なものを選ぶという具合に
泥沼に陥るケースが少なくありません。

心理セラピー・カウンセリング協会代表理事のハリー・ヨシダさんは、西洋的なアプローチ
(心理学、NLP、催眠誘導)と東洋的なアプローチ(禅、瞑想法)を融合した独自のHarry’s
Mental Conditioning Method
(HMCM)を提唱していますが、この中のHMCM催眠誘導
を身につけることで、薬に頼らなくても不眠症や睡眠障害を改善できると指摘します。

自己催眠状態に入って、潜在意識を書き換えることで、自然と睡眠が取れるようになるという
プロセスであり、これまでに多くの受講生がHMCM催眠誘導法で不眠症を解消させています。

このHMCM催眠誘導法を自宅で一人で学べるのが「HMCM催眠誘導法・習得セミナー」です。

【続きを読む】

このページの先頭へ