【視力回復アイスマイル1.0】眼球運動だけでは不十分!

click-button

子供の頃の視力低下を回復させるための方法として、さまざまな手法が提案されていますが、
実際に視力が回復するかどうかは個人差が大きく、すぐに視力が上昇する場合もあれば、全く
何も変わらない場合もあったりと言う具合に安定しません。

その原因として、視力向上委員会の前田さんは、従来の視力回復メソッドの大半は眼球運動
しか着目しておらず、それだけでは不十分だと指摘します。

眼球運動をすることで、目のピント調節を行う毛様体筋という筋肉を鍛えることは出来ますが
仮にピント調節が正常化出来たとしても、脳が疲れていると目にピント調節の指令を適切には
出せなくなることから、視力回復にはつながりません。

脳の疲れを取り除くためには、どうすればいいのでしょうか?
前田さんが指摘するポイントは以下の3点です。

  • 目の筋肉の疲労
  • 血流の悪化
  • 自律神経の乱れ

これらの問題を解決すれば、脳の疲れが取れるようになり、眼球運動でピント調節機能を改善
するのとあわせて、視力回復が成功する確率が大幅に高くなるというわけです。

この方法をマニュアルにまとめたのが「視力回復アイスマイル1.0」です。

しかし、これらの視力回復メソッドが退屈でつまらない上に、実践するのが大変だと続けられ
ませんが、前田さんが提唱する方法は楽しく続けられることから、子供にとっては最適です。

1日5分程度あれば十分ですから、手間もかかりませんし、特別な道具も不要です。
レーシックのように目にダメージを与えるリスクのある方法でもないために安心です。

【続きを読む】

このページの先頭へ