【竹田式胆石改善術】経過観察の段階であれば回復可能!

tanseki

click-button

健康診断などで「胆石」と診断されたことはありませんか?

何ら身体に感じる症状が出ない段階では「経過観察」という名で放ったらかしにされることが
一般的ですが、お腹の痛みや発熱、急性胆嚢炎などの症状が出てきた場合には胆嚢摘出手術を
行う必要があります。

胆石だけを取り除いたとしても、既に胆嚢の働き自体が悪化していることから、時間が経てば
再び胆石ができることが確実視されますので、手術をして胆嚢自体を取り除いたほうがいいと
いうわけです。

日帰り手術を除けば入院期間は1週間前後で、高額医療費が適用されますからベッド代や食費
などを除けば、健康保険の自己負担分の上限までで済みます。

胆嚢は人間の臓器の中で取り除いても影響がない唯一の器官だと言われていますが、摘出する
ことに対しては抵抗感を感じるかもしれません。

だからこそ、早い段階において胆嚢の働きを改善させて、胆石ができない体質を取り戻す事が
胆嚢摘出という外科手術を避けるために効果的
なのです。

胆石改善アドバイザーの竹田さんは、胆石に悩む多くの人に対してアドバイスを行ってきたと
いいますが、根拠の無い胡散臭い方法に頼ったり、個人差の大きな民間療法を試して失敗した
ので、胆石治療法はすべて無駄だと決めつけたりする人が多いと警告します。

そこで、胆石に対して正しい知識を身につけて、あなたにあった最適な方法に取り組むことが
胆石の悩みを解決するための近道
だと竹田さんはアドバイスを送ります。

「胆石」と一口に言っても、その原因には個人差が見られます。

動物性脂肪やコレステロールの多い食事が原因の場合もあれば、最近やウイルスなどの影響に
よって胆管に炎症が発生するといった場合もありますし、不規則な生活やダイエットといった
具合に、胆石が起こる原因は人によって異なります。

複数の原因が重なりあうことで胆石が起こる場合もありますから厄介なのです。

なんか面倒くさそうだから、手術で胆嚢ごと取り除いたほうがいいと思うのであれば、医師の
診察を受けて入院・手術の日程を決めるのが近道です。

それが嫌なら「竹田式胆石改善術」が役立ちます。

【続きを読む】

このページの先頭へ