【腸内細菌ダイエット】痩せる仕組みに合わない方法では効果がない

click-button

ダイエット手法は数え切れないほど存在します。

しかし、あなたも経験的にわかっているように、大半のダイエット手法は全くといっていい
ほど効果がなかったり、停滞期が起こるまでは順調に痩せても、それ以降は全く体重が減ら
ないだけでなく、体調が悪化するなどのデメリット
が伴います。

その上、ダイエットを止めた途端に襲ってくるリバウンドのせいで、ダイエットの前よりも
太ってしまうといったケースも少なくありません。

メディカルライターの森下天喜さんは、ダイエットを成功させるためには「痩せる仕組み
を正しく理解した上で実践する必要があると指摘します。

痩せる仕組みというのは、

  • 運動すればカロリーが消費されるので痩せる
  • 食事の量を減らせば体内に取り込むカロリーが減るので痩せる

などといった単純な話ではありません。

食事制限をしながらハードな運動を続けていると激しいストレスを感じますが、その影響で
自律神経が乱れて新陳代謝機能が低下することから、ダイエット前と比べてカロリー消費が
増えているはずなのに停滞期を迎えたり、かえって太り始めるといった奇妙な状態になると
いうわけです。

食事制限をすることで体内が飢餓状態となり、基礎代謝が通常と比べて大幅に低下する傾向
が見られますが、自律神経の乱れが一因だと言われています。

自律神経を正常化させるためのポイントが「」だと森下さんは言います。

腸内環境が正常であれば、自律神経も通常通りにはたらくわけですが、ストレスが自律神経
を乱す最大の要因ですから、ストレスを感じる脳の働きが重要となります。

ストレス耐性が強い人は強いプレッシャーを感じる状況でもイキイキとしていますが、逆に
ストレス耐性が弱いと心身ともに耗弱し、胃腸の具合が常に悪く、精神疾患を発症しやすく
なるものです。

このストレス耐性のカギとなるのが脳内物質のセロトニンですが、腸で生成するというのが
相互関係であるというか、対策を難しくしている原因とも言えます。

セロトニンが含まれたサプリメントなどが売れているというのも、ストレス対策という目的
もあってのことでしょう。

この腸のはたらきを有効活用することで、特別なダイエットをしなくても自然に痩せる体質
を維持できるようになるというのが「腸内細菌ダイエット」のポイントです。

【続きを読む】

このページの先頭へ