【35歳からの妊娠マニュアル】「高齢出産」という洗脳が妊娠を遠ざけている!

35susan

click-button

あなたは、高齢出産になるからといって、妊娠するのを諦めようとしていませんか?

高齢になるほどに出産するのもリスクが高まるし、病気のない元気な子供が生まれる確率が
下がっていくといった統計データを見れば恐怖感や不安感を感じるのも当然でしょう。

しかし、高齢出産という言葉に洗脳されるがあまりに、間違った選択をするのは良くない
警鐘をならすのは、子宝コンサルタントで整体師の溝口博士さんです。

溝口さんは2000名を超える不妊や高齢出産に悩む人々にアドバイスをしてきたといいますが
産婦人科医の中にも不用意な言葉で女性を傷つけているケースが多いと憤っています。

女性の寿命が明治・大正の頃には40歳にも満たなかった頃の話と、現代のように80代後半と
いう時期とを比べれば、当然ながら妊娠や出産に関する常識も変わって当然なはずなのです
が、なぜか従来の常識がまかり通っているのが不思議でなりません。

しかし、20代前半が人生における体力や精神力のピークであることには変わりはありません
から、30代後半以降で老化が全くないといったら嘘になりますが、だから取り戻せないなど
というのも暴論に近い話です。

体力が低下しても、ある程度までであれば元に戻すことができるからです。

運動不足を解消するためには運動するしか無いのと同じように、不妊体質を改善するために
ホルモン注射などの不妊治療だけでなく、妊娠しやすい体質に戻せばいいのです。

20代のピークにまで戻れなければ意味が無いといった指摘をする人もいますが、妊娠をする
ためにピークまで身体能力を伸ばす必要性は一切ありませんので関係ありません。

それでは、具体的には何をすれば、35歳以降でも妊娠をして、健康な子供を出産することが
できるのでしょうか?

溝口さんが具体的な内容をテキストと動画にまとめました。
それが「35歳からの妊娠マニュアル」です。

【続きを読む】

このページの先頭へ