【宮田流ひざ痛改善マニュアル】日常の動作一つで変わる!

>>公開は終了しました<<

慢性的に膝が痛くなると、普通に歩くだけでも億劫になりますので、足腰が弱ってきます。

この状態が続くと寝たきりになるのは時間の問題ですから、鎮痛剤や湿布薬などを使って痛み
を抑えたり、リハビリなどを行うのが一般的ですが、なかなか良くなりません
し、さらに悪化
する場合もあります。

あなたも途中で諦めてしまいたくなったことがあるかもしれませんね。

メディカルケア院長の宮田トオルさんは、日本体育施設協会認定トレーニング指導士、あん摩
マッサージ指圧師として、整形外科、内科、リハビリテーションセンター等で運動療法を指導
した実績を持ち、これまでの知識や経験の集大成となる「もどし体操」を提唱しています。

このもどし体操を普及するために「もどし体操友の会」を結成して、中高年を中心に2000名を
超える実績をあげている宮田さんですが、ヒザ痛を改善するために以下の4つのステップを行う
ことを推奨しています。

  • 現在の痛みのレベルを3段階のうち、どのレベルに当てはまるかを把握する
  • 独自の「宮田流ひふ調整法」を実践して、ヒザの痛みを和らげる
  • 低負荷な「宮田流ひざ痛改善体操」で筋力をアップする
  • 低負荷な「宮田流ひざ痛改善ストレッチ」でヒザの可動範囲を広げる

いずれのステップでも身体に負担をかけるようなハードな運動は一切行いません。
全てのステップを合計しても、1日7分程度で終わりますので、手軽に実践できます。

この4ステップを並行して、食事制限が不要なダイエット術や、日常生活においてひざ痛を発症
させないための動作術を身につけることで、さらに改善スピードを早めることが出来ます。

これらの宮田さんが提唱する膝痛改善メソッドをまとめたのが「宮田流ひざ痛改善マニュアル
です。

DVDとテキストが用意されていますので、体操やストレッチなどの仕方がわからないという悩み
もなくなり、着実にヒザ痛の改善に向かって進むことが出来ます。

このページの先頭へ