【ヒプノダイエット7日間プログラム】無理な運動は必要ない!

click-button

ダイエットで見かける「公式」として有名なのが、

(摂取カロリー)-(消費カロリー)

ですが、摂取カロリーを減らしてダイエットしようと考えて、絶食や食事制限に取り組んでも
体重や体脂肪率が下がらずに挫折する人が少なくありません。

その原因としてあげられるのが、基礎代謝の低下です。

人間の体というのは、摂取カロリーが減って餓死しないように、同じように動いてもカロリー
を消費しなくなる省エネモードに切り替わりますので、同じ運動量でも消費されるカロリーが
減少
します。

このため、同じカロリーを消費するためには今までよりも運動を増やす必要が出てきますが、
省エネモードの際には身体能力も大幅に低下していますので、思い通りにカラダは動きません
し、貧血や熱中症、脱水症状なども起こりやすくなるため、カロリー消費のハードルがさらに
高くなります。

そこで、ダイエットヒプノナビゲーターの神田翔臣さんが提唱するのが「ヒプノダイエット
ですが、運動したところで消費されるカロリーはたかが知れていると指摘します。

ケーキ1個分(約300kcal)のカロリーをジョギングで消費するためには約1時間走る必要があり
ますので、ダイエット目的ではなく健康維持という観点では体を動かさないよりはマシだとは
いっても、体重や体脂肪率を下げる目的では期待薄と言えます。

ヒプノダイエットでは、潜在意識に働きかけることで、食欲を抑えるだけでなく継続できない
という問題を自然に解決することができます。

その上、絶食などの極端な食事制限を行いませんので、基礎代謝を劇的に悪化させるといった
心配もありませんので、着実にダイエットを進めていけます。

【続きを読む】

このページの先頭へ