【荒木式がん対策プログラム】確実にガンが消える治療法ではない!

click-button

兵庫県加古川市にある崇高クリニック院長の荒木裕さんは、生活習慣病やガンを改善するために
糖質制限・糖質カットが効果的だと指摘します。

糖質制限や糖質カットといえばダイエットを連想するかもしれませんし、日本糖尿病学会が糖質
制限は推奨しないと結論づけたことから、そもそも関連性のないガンには効くわけがないと思う
かもしれませんが、荒木さんはがん細胞が正常な細胞と比較して16~18倍ものブドウ糖を取り
込む性質
に着目しました。

つまり、糖質制限を行うことで、がん細胞を兵糧攻めして自滅させることができると荒木さんは
説明していますし、正常な細胞は体内の脂肪を分解して生き延びることから糖質制限を行っても
生命活動に悪影響は出ないといいます。

荒木さんはがん細胞を消滅・縮小させるための糖質制限をするための食事を「断糖食」と呼んで
いますが、ブドウ糖を生成する食べ物を食べない代わりに必須アミノ酸と必須脂肪酸は十分な量
を摂取しますので、免疫力を高めながら、がん細胞の働きを衰えさせることが可能だと説明して
います。

崇高クリニックでは断糖食の活用法を通院・入院で説明していますが、あなたがさまざまな事情
によって通うのが難しいというのであれば「荒木式がん対策プログラム」が役立ちます。

断糖食について、崇高クリニックで行う説明と同じものをDVD動画と冊子で学ぶことができます
し、あなたも実践できるようになります。
当然ながら医療行為ではありませんので、健康保険は使えませんが、サポート専用Webサイト
メールサポートなどで、通院しているのと同じように質問や問い合わせが行えます。

あなたが、がん治療を受けているのであれば、無理にやめる必要もありませんが、選択肢が多少
なりとも増えるという点では朗報と言えます。

【続きを読む】

このページの先頭へ