【上田式腰痛革命プログラム】根本原因に対処をしないから改善しない

kosiache

>>公開は終了しました<<

腰痛と一口に言っても、さまざまな「病名」が存在します。

急性のぎっくり腰から、坐骨神経痛、ヘルニアや分離症、すべり症と言った具合に慢性化した
腰痛まで幅広く存在しています。

その慢性化した腰痛の治療法となると、その場の痛みやしびれを解消する対症療法を行うだけ
で、根本的に解決したくても全く改善しないといったケースが珍しくありません。

あなたも慢性化した腰痛に苦しめられているのではないでしょうか。

鎮痛剤やブロック注射、湿布薬などでは痛みやしびれは一時的に取り除かれるだけで、時間が
たてば再び痛みが蘇ってきます。

また、手術で根本原因を解消したといっても、完治するどころか新たな腰痛が発症し、さらに
ひどくなったというケースも少なくないのが現実です。

西東京市の「うえだ整骨院」で院長を務める柔道整復師の上田康浩さんは、腰痛の根本原因を
解消しようとしないからこそ、どのような治療や改善法を行っても、効果が限定的でしかない

と指摘します。

上田さんは腰痛の根本原因を「生活習慣」にあると言います。

具体的には、悪い生活習慣によって仙骨や腰椎が歪むことで腰周辺の筋肉や神経に過度な負担
が掛かり腰痛を引き起こしている
と考えています。

それだったらよい姿勢をして仙骨や腰椎が歪まないようにすればいいと考えるのが普通ですが
すでに筋肉が現在の歪んだ状態を記憶して、曲がった紙のように固定化していることが珍しく
ありませんから、この悪い癖を矯正するにはいくつかのポイントがあります。

単に姿勢を良くするだけでは、良くなるどころか更に歪んでしまうケースもあるからです。

そこで役立つのが「上田式腰痛革命プログラム」です。

このページの先頭へ