【驚愕の睡眠術】1週間後には3時間睡眠のショートスリーパーに!

click-button

睡眠時間を減らせば今よりも多くのことができるようになるわけですが、とにかく短時間睡眠に
なれようとしたところで、あまりにも眠気が強くて日常生活にも支障をきたすレベルになっては
意味がありません。

居眠り運転で交通事故を起こしたりすると、何をしているのかわからなくなりますし、一般的に
睡眠時間を削ることで免疫力が低下して、体調が悪化することで病気になりやすくなりますので
ショートスリーパーになること自体が自殺行為だと指摘をする人もいます。

しかし、かつては1日12時間は寝ていないと眠気に襲われて仕方がなかったという春川幸司さん
は、今では3時間睡眠で眠気を感じることもなくはつらつと活動しているショートスリーパー
なったといいます。
春川さん自身が最適な短眠法を見つけるまでに1年近くの時間を費やしたそうですが、実践して
マスターするまでに費やしたのはわずか1週間で、やったことは1日5分程度で済むことだけ

といったら驚くのではないでしょうか?

それも強い眠気に打ち勝つといった根性やモチベーションがないと実践できないものではなく、
一切の「努力なし」で短眠を実現できる方法です。

驚愕の睡眠術」に書かれているように、
1日5分でモチベーションを刺激して短眠を実践する
だけで1週間で日常の生活になるわけです。

今まで睡眠のためだけに浪費していた時間を、あなたの好きなように使えるようになるわけです
から、ワクワクしてくるのではありませんか?

【続きを読む】

このページの先頭へ