【山本式花粉症対策法】14日間で薬いらずの体質になれる!

click-button

花粉症になると、アレルゲンとなる花粉が飛び出す季節が憂鬱で仕方がないですよね。

スギやヒノキの花粉で苦しむ人が大半ですが、それ以外にも、ブタクサやヨモギなどの花粉で
秋にも花粉症で悩まされる人が増えていますし、イネの花粉は1年中飛び交っていますので、
年中花粉症に苦しめられているかもしれません。

花粉症の症状が出ないように、アレルゲンを体内に取り込まないようにマスクなどをするのが
一般的な対策
ですが、常に外出時にマスクをするのは面倒ですし、違和感を感じることもある
のではないでしょうか。

また、マスクをしたままスポーツはできませんし、マスクをしたまま仕事や授業を受けること
が許されない場合がほとんど
ですから、確実に花粉を吸い込むことになるため、苦痛で仕方が
ないと思います。

花粉症の発生を抑えたり症状を軽くする薬もありますが、個人差はあっても副作用がでますし
車の運転や機械の操作をする際に、花粉症の薬の副作用で眠気を感じるというのは極めて危険
ですから、鼻水や目のかゆみなど、こちらも厄介な症状に耐えるのと、どちらがマシかという
「究極の選択」
になっているかもしれませんね。

「ノーベル賞にもっとも近い男」と言われる研究者に師事し、世界最先端のDNAや酵素研究
を行ってきたという健康コンサルタントの山本悠太郎さんは、2週間あれば花粉症を改善する
ことは十分可能だし、完治させることも可能
といいます。

花粉症対策のゴールデンルールとして、山本さんは

  • 花粉症を悪化させる物の摂取をストップする
  • 体内に蓄積している悪い物を排出する
  • 花粉症を解消する効果のあるものを摂取する

という3つのステップをあげています。

このサイクルを繰り返すことで体内環境が入れ替わることから、2週間もすれば花粉症に強い
体質に変わっていくというわけです。

【続きを読む】

このページの先頭へ