【あがり症改善プログラム】1時間あれば解消できる?

click-button

あがり症のために、人前で話すことに苦手意識を感じていませんか?
スピーチなどがうまくできずにトラウマになった経験があるかもしれません。

鳥取県米子市にある「とよだクリニック」院長で、「TOYOTA Medical Center」センター長で
精神科医の豊田早苗さんは、世の中に広まっているあがり症対策のほとんどに問題があると指摘
します。

対策の内容が抽象的すぎて実践ができなかったり、あまりにも実践するのにハードルが高いもの
ばかりで非現実的なものが多すぎるからです。

  • リラックスしろ
  • まわりを気にするな

などというアドバイスをされても、それができれば苦労はいらないというものばかりですよね。

話をする前からパニック状態になっているわけですから、聞き手を野菜や動物だと考える精神的
余裕もありませんし、実際にどうすればパニック状態を解消してリラックスできるのか具体論が
ないアドバイスでは実践のしようがありません。

また、以下のような「あがり症対策」も無意味などころか、逆に、あがり症を悪化させかねない
おそれがあるので実践しないほうがマシ
だと豊田さんは切り捨てます。

  • 聞き手を野菜や動物だと思え
  • 日頃から座禅や瞑想をして精神力を鍛えろ
  • 失敗しても気にするなと考えろ
  • 場数を踏めば自然と慣れてくる
  • 無理に緊張を消そうとするな
  • つべこべいわずに経験を重ねろ
  • 成功者のように振る舞え、格好から中身は変わる
  • 事前にイメージトレーニングをしろ

話し方の本などに書かれていることばかりですよね。
大半は机上の空論ですから、生真面目に取り組むことで泥沼に陥るだけです。

豊田さんは「あがり症」を解消するためには、以下の2つのポイントを解決する必要があると指摘
します。

  • 精神的な問題
  • 技術/経験/準備による問題

これらの問題を解決できる方法をまとめたのが「あがり症改善プログラム」です。
初めて取り組んでも1時間以内にあがり症を改善できるという手法です。

【続きを読む】

このページの先頭へ