ダイエットには食事制限だけでなく運動も必要

摂取カロリーを少なくしたからといって、ダイエットがスムーズにいくとは限りません。
ダイエットをする時には、食事を減らすだけでなく、運動をする習慣をつけましょう。

食べたいものを食べることを人生の喜びだと感じている人ほど、ダイエットのための食事
制限はつらいものです。

食べ過ぎないようにすることは大事ですが、食事についてはやや少なめ程度にして、あと
は運動で痩せる方法がおすすめです。

運動を多めに行って、1日に消費するカロリーを増やすことができれば、食事はそれほど
減らさずともダイエットができます。

仮に、食事量を減らして体重を落とすことができたとしても、ダイエット前の食事にする
と、体重も元通りになってしまいます。

ダイエット後も運動を続けることが、体重コントロールのコツです。

健康にもいいダイエットをするためには、単純に食事の量を減らすのではなくて、運動と
組み合わせたダイエットをしましょう。

運動によるダイエットでは、疲労困憊するような厳しい運動ではなく、軽く汗ばむくらい
の運動を30分ほど続けるだけで、体脂肪を燃やすことができます。

ゆるやかに体重を減らしていきたいと考えるなら、食事はほどほどにして、ウォーキング
等の軽度な運動をする程度でOKです。

ダイエットに取り組む時には、運動量と、食事内容のプランを立てておくことが重要です。

いつもより多く食べてしまった時は、運動を多めにするといった対応が柔軟にとれるよう
になれば、ダイエットも続けやすくなります。

このページの先頭へ