健康的で理想の体型になるためには食事や運動の改善が必要

ダイエットをする時には、モデル体型を理想だと考えている人もいますが、あまりに痩せ
すぎていると健康を阻害する恐れがあります。

痩せればきれいになるというのは幻想のようなもので、理想の痩せ型になったのに外見を
損ねてしまったという人もいます。

人によっては、理想体型とはモデルのようなスリムな体型ではなく、標準体型と呼ばれる
健康を保つために最も適した体型であるという人もいます。

体重のコントロールをする時には、理想体型を実現することと健康を重視することです。

全く一緒の体重でも、筋肉量が多いほうが締まっていますし、体脂肪が高いほうが太って
見えます。

体重を減らしたとしても、筋肉がわずかしかなく体脂肪のほうが多い人は、体がたるんで
いるように見えます。

食事内容を見直したり適度な運動をすることで、理想の体型に近づけることが可能です。

運動のしはじめは、いきなりハードな運動をすると体がなれていきませんので、軽い運動
から始めて、だんだんと激しい運動に切りかえていくようにします。

運動不足だった人が、急に運動をスタートさせると、疲労感が強くなりすぎたり、筋肉痛
がなかなか治らないということもあります。

筋肉に疲労物質が残らないように、運動が終わったら十分なマッサージを施します。

体が必要としている栄養素をまんべんなく摂取できるように食事メニューを低カロリーで
つくることも大事です。

朝昼晩の食事を規則正しく摂取することや、積極的に運動をすることを習慣づけることで
理想の体型になることができるようになるでしょう。

このページの先頭へ