下腹の出た体型をシェイプアップしてスリムになるには

理想の体型を目指してダイエットをする時に、食事量を減らすという方法はあまり適して
いません。

自分の力だけでは改善が難しい部分の一つにポッコリとした下腹があります。

どんな体型を理想とするかは個人差がありますが、くびれたウエストは多くの人に好まれ
ます。

しかし、ウエストを細くしたのはいいけれど、下っ腹は出っぱったままで困ってしまうと
いう人もいます。

食事の量を少なくして体重は減らすことができたものの、お腹が出ている状態はそのまま
で、理想体型になれない人もいます。

お腹を引き締めて、スリムなボディになるために必要なことは、運動のしすぎや食事制限
ではありません。

どうしてウエストが引き締まらないのかは個人差がありますが、生活習慣を見直すところ
から着手してください。

まずは普段から猫背になっていて体の姿勢が悪い人は、ポッコリとした下腹の原因になり
ます。

日頃から背筋を正し、真っ直ぐな姿勢で暮らせるようにすることで、傍から見た時のお腹
の具合は引き締まって見えやすくなります。

内臓脂肪が蓄積している場合は、ちょっとした運動で消費することが可能になります。

筋トレやストレッチをする時には、下腹分を支えているインナーマッスルを刺激する動き
方が効果的です。

仰向けの姿勢になって寝転び、足を肩幅まで広げて腰を高くしていくストレッチは、下腹
だけでなく、お尻の筋肉も強化できる運動です。

このページの先頭へ