お腹を引き締めるには運動による筋肉増加も必要

下腹部に蓄積された脂肪を落とすには腹筋を使った運動を毎日続けて引き締めることです。
ダイエットを実践した結果体重が減った場合でも、お腹が引き締められたとは癒えません。
体脂肪を減らすことができなければ、体重を落とせたとしても、肥満は肥満のままです。

お腹を引き締めることができるダイエットをしたいなら、腹筋を鍛えて脂肪を燃やすこと
が必要です。

腹を引き締めるためにはまず、腹筋を毎日続けることが必要です。
腹筋運動にプラスして腰をツイストするような運動を行うことで、さらに腹を引き締める
効果が高まります。

体重が同じでも、より下腹部が出っぱっていて、引き締まり方が十分でないように見える
人は、肥満体型に近いようです。

体重があっても、筋肉分の重みなら、引き締まった体つきになっています。ダイエットを
したいと思ったきっかけが、へそ近くの皮下脂肪が多いことに気づいたことだという人も
います。

体重はそれほどあるわけではないのに、下腹部だけが脂肪のせいで膨らんだという事態は
避けましょう。

健康的なダイエットを実践することは、体型を保つことはもちろん、病気知らずの元気な
体を作っていくことに繋がります。

日頃の運動できちんと腹を引き締め、スッキリとした体型を維持していきたいものです。

このページの先頭へ