リバウンドのメカニズムを知ってダイエットをすれば誰でも痩せる

人間の体にはホメオスタシスという機能が備わっており、せっせとダイエットをしても、
リバウンドが起きてしまうのはこのせいです。

ホメオスタシスは体内に少ししかエネルギーが入っていない状態になった時に、それでも
身体を維持するためにエネルギー消費を減少させる現象です。
人の体はホメオスタシスがあるお陰で、何日も食事が得られない状態になっても新陳代謝
を低くすることで身体が消費するエネルギーを抑制できます。

命をつなぐためには非常に大事なものですが、ダイエットを進める上では不都合です。

体重を減らしても身体に過度な負担がかからないようにすることが、ダイエット後にリバ
ウンドを起こさないためのポイントです。

ダイエットをている時に、ホメオスタシスが働き始めると、停滞期と呼ばれる期間に差し
かかります。ダイエットの効果が実感しづらくなる時期です。

停滞期になると、ダイエットへのモチベーションがなくなって、減らしていた食事をこれ
までどおり食べるようになるような人もいますが、それがリバウンドの原因になります。
食事は以前と同じで何ら変わらないのに、ダイエット前よりも体重が増えるようになって
しまいます。

ダイエット後にリバウンドするというのは、以上のメカニズムが関わっています。
ホメオスタシスが機能している停滞期中も、ダイエット時と同様の食生活や運動量を維持
するように心がけましょう。

ホメオスタシスが働いている間はダイエットへのやる気も低下しがちですが自分のペース
で続けましょう。

どうしてリバウンドが起きるのかを知り、停滞期に入ってもダイエットを持続する意欲を
持つことができれば、体重がまた減るようになります。

このページの先頭へ